仲間の増やし方を勉強してきました!!

仲間の増やし方を勉強してきました!!

仲間の増やし方を勉強してきました!!


 

 

 

 

 

 

どうもどうも中谷です!

最近求人ブログみたいな感じになっていますが、こんな感じでやりたいように掲載していこうと思います(社長ごめんなさいww)

なぜか?

だって、楽しいって誰かと共有するから「楽しくなるイベント」を作れると思うからです!!

でっ!!今回は先日参加させて頂いたWantedly HRmeetup!に参加させて頂いたレポートを掲載させて頂きます!!

じつは先日この会にせっかく参加するんだからレポート提出してよねって我らが西日本マネージャーD様よりご要望があり、せっかくだからブログに書いてこれを読んで頂いている方にも共有しちゃおって思いました!けしてレポートが面倒くさいってなんか一1ミクロンも思ってませんよww

みなさんこのロゴってご存知ですか?

因みに僕は去年まで知りませんでしたww

まぁざっくり言うと、求人ページを制作されれいる会社さんで、特徴としては金額などの条件面よりも、自分のやりがいを求めている求職者さんが多い求人ページなんですよ!

しかもほとんど無料!!

昨年初めて人事として新卒採用を任せていただき、仲間の頑張りとラッキーにも全国で18名の採用をさせていただいたのですが、めっちゃ難しかったんですよ!!

でもおかげで、先日の入社式にはイベント21の今後を支える新しい仲間たちが集まってくれ、みんなが集合した瞬間マジで泣きそうになりました!!

でもね。ウチの社長が熱い人で、先に無くもんだから泣くタイミングが(社長ごめんなさいww②)

でもそのくらい、人を大切にしている会社であることに誇りを持っていますし、そんなイベント21だからこそ頑張れるんです!!

これが僕達の新しい仲間です!!

もうひと回り年齢が違う子もチラホラ^^;

まだまだオッサンじゃなくお兄さんでいるつもりですww

自慢のため脱線しましたが、そんな難しい求人の中凄くお世話になったのがWantedlyさんでした。

この会は、Wantedlyさん主催で、よりニーズに合った求職者を探してどのようにアプローチするのかという方法を、求人で成功された会社さん2社にお話を伺うことで、何か一つでも明日から実践していこうという内容でした。

そこに、中谷とCC(カルチャーコーディネーター)Iと一緒に行ってきました。

みんなウッすいパソコンをカチャカチャしている中、田舎モン二人が質疑応答で真っ先に手を上げまくってやりましたよww

中谷は空気に緊張して噛み倒すってかっこ悪い姿をIに見せながらでしたけどねww

因みにIはすらすら喋ってました17新卒でこないだ入社したばかりなのに^^;

あっまた脱線ww

登壇された会社様は2社ともに技術職(プログラマー等)をメインに募集されており、能力や素養のある方のキャリア採用を中心にされている会社さんでした。

プレゼンして頂いた中で心に残ったことは以下のとおりです。

株式会社◯◯NA Games Osaka
・ 採用方法を加速させる方法として以下の3点を見直した。
1. 市場への接点(エージェント100%を ⇒ DR,メディア、リファラルに注力)
2. 選考方法(1次面接、2次面接など決まったプロセス ⇒ 個別ストーリーを考えスピード感ある採用)
3. 採用チーム(兼任 ⇒ 専門担当を作り、ニーズの変化にも迅速に対応できる組織作り)
・ 結果
応募:1.6倍
内定数:2.1倍
内定承諾率:83%
そして、なにより「人に向き合うスタンス」を大切にされたとのことです。
株式会社◯◯スター・ラボ
・ とりあえず、サイトに書いていることをやった
・ 求職者にチームについて語る事により、入社後のイメージを付けてもらう
・ 脳内SEO(求職者に入社候補として自分の会社が出てくるように仕向ける)
・ リファラル採用に注力
・ ゴールは採用ではなく、会ってコミュニケーションをとること
・ 可能な限り即レス
・ 求職したい部署によってサイトやエージェントを使い分ける

 

ざっと、印象に残ったのはこんな感じです。

何か覚え書きみたいww

でも、一番本質として響いたのが、今よりも求職者の方の人間に向き合う必要性を改めて認識する事が出来ました!

具体的には、勿論イベント21の社風に合う人材かの見極めも大切ですが、その人のやりたい事にイベント21がリンクしているかを今よりも考える必要があり、

その為に、コミュニケーションを取りにいく必要がある!

すこし、待ちの姿勢だったのですが、改めてそんなんじゃダメだと叱咤激励を受けた気持ちになりました。

勿論、採用人数も増やしていきますが、エンゲージメント率も高くしていきたい!!

だからこそ、はじめに価値観のすり合わせがいかに大切かを考えなければならないんです!!

だって一部の人間だけが楽しいイベント21は魅力的では無いから。

僕は改めて「みんなが楽しめるイベント」を創る為にも、「みんなが楽しめる会社」創りを頑張っていこうと思いました。

 

さぁ!仲間探すぞーー!!!!!!