紅白幕ってなんで使うの??

紅白幕ってなんで使うの??

こんにちは。イベント21愛知支店の中谷です。
早速ですが、よくお祭りや式典などで使用されている紅白幕って何で使用されているか皆さんご存じですか?
某TV局の紅白〇合戦ってのもありますよね?
今日はこの紅白幕についてお話していこうと思います。

① 紅白幕って何で使われてるの??

紅白幕は紅と白の2色で構成されている幕で、ありとあらゆるイベントで登場して会場を盛り上げてくれています。
「紅白」とは、紅白幕、紅白合戦、紅白歌合戦、紅白饅頭などで使用される言葉で、この「紅白」には2種類の意味があります。
一つ目は、 相対する(対抗する)2つの組を意味しています。
紅白戦なんかはその例で、古くは源平合戦に赤と白の旗印に別れて戦った事が由来とされています。
2つ目は、おめでたい、お祝い、縁起がいいなどの意味合いで使われることがあります。
赤色が赤ちゃん、白色が死を意味して、この二つを組み合わせることで人生そのもの(人の一生=ハレの舞台)を表している説や、 花嫁衣裳の色であるという説、
赤飯の色に準えてなどなど色々設営撤去費はありますが、一般的に おめでたい、お祝い、縁起 などの場では紅白幕を使用するようになりました。

② 紅白幕って何で赤白幕って言わないの?

紅白(コウハク)じゃなくて赤白(セキハク)って何で言わないんでしょうか?
漢字で「赤」は 「赤裸々」「赤貧」などのように「裸」「むき出し」などの悪い意味を持つためです。
漢字のルーツである中国ではあまり「赤」は使わないようですね。

③ 紅白幕以外の●●幕って?

紅白幕以外にも色幕は様々な用途で使われます。
例えば、 青白幕、黒白幕、紫白幕、三色幕 などなど、、、
中でも代表的な 青白幕と黒白幕について お話をしていきます。

青白幕( 浅黄幕 )
青白幕(浅黄幕)は、浅黄(浅葱:あさぎ。水色よりも濃い、青色。)と白の2色の幕です。地鎮祭・上棟式などの神事に使われます。
地域によって葬儀などにも使われ、紅白幕や黒白幕より古い歴史を持つ可能性も指摘されています。 青白は地鎮祭の祭壇の廻りを覆うことなど神事に使用される事が多く、青色と白色の組み合わせが神聖な意味合いを持っている事が伺えます。

黒白幕(鯨幕)
黒白幕は鯨幕(くじらまく:「蘇幕」とも書く。)とも言われ、一般的に通夜や葬式など弔い事で使用される白黒の幕です。
鯨幕の名前は、鯨の体が黒と白の2色であることに由来しています。
白装束にもあるように、日本では古来より弔事には白を用いましたが、江戸時代に入り「弔事=黒」とする西欧の文化が普及するにつれて用いられるようになったとされています。

色の意味合い
広く現在では、慶事は紅白幕、凶事は黒白幕というように使い分けられていますが、もともとは違います。 本来は、黒白幕についても弔事・慶事に関係なく使用されていました。(黒=高貴な色として使用されていたようです。)
現代でも皇室行事で黒白幕が結婚の儀など重要な行事で使われますし、新年祝賀の儀や園遊会などで青白幕(浅葱幕)も使用されます。(青白=神様と接する色のようです。)
ちなみに、紅白幕は歴史が浅く、古式に則った行事には登場しません。

④ 最後に

いかがだったでしょうか?
紅白幕の歴史や由来など少しはご理解いただけたでしょうか?
イベント21では紅白幕をはじめとした様々な色幕を豊富にご用意して、お客様の大切なハレの日を全力で応援させていただいています。
是非是非横のお問い合わせからご連絡ください。