H200mmステージとバックパネル設営in知多半島

こんにちは

今日も本当に寒いですが、ワイワイ言いながら頑張っている愛知支店の中谷です

いやー寒い!!

っというわけで、先日知多半島にある建材会社様が毎年行っている地域活性イベントのステージ設営でご依頼くださり、愛知支店メンバーで設営に行ってきました。

これまでは、ご自身たちでされていたようなのですが、今年からアウトソーシングする方向になり、私達イベント21愛知支店にご依頼くださりました!!

本当にありがたい!!

っで、早速作ってきました

今回のステージサイズは3間×5間(9M×5.4M)のもので、お子さんたちも登壇されるので高さは20cmで作らせていただきました。

この20cmというステージは本当に難しいww

普段僕たちが使っている部材はイントレ(足場部材)なのですが、ある程度ジャッキと言われる高さを調整する部材を使用するので、ステージ上部のレベル(平坦)をあわせたすいんですが、今回は高さの都合もありそれが出来ません。

こんなときは、ステージの下に木材を使用してフラットにするのですが、まぁコツがいりますww

そして、バックパネルに関しても説明させていただきますね

今回はバックパネルを一から制作し、9M×2.1Mのものを作りました

っで、今回こだわったことは面板をアルポリ(アルミポリエステル複合板)を使用して今後シートを貼れば様々なイベントに対応できる仕様にしました

美しい!!!

背面はこんな感じです

こちらにはイントレという足場部材を使用しているのですが、知多半島はとにかく風が強い!!

っということで、イントレの重さだけでは不安なのでウエイト(360kg)を3箇所設置して養生しています。

そして、パネル自体はバインド線と呼ばれる針金で固定し、ビクともしない仕様で完成させました。

お客様もかなり喜んでいただき、来年以降も必ずお声がけくださるということと、今回の請求させていただいた金額が安くて驚いたとお話しいただきました。

イベント21はweb媒体での営業が中心のため、基本的には飛び込み営業などのコストはあまり掛かりません。

それと、愛知支店には様々なイベントに対応するためのステージが取り揃っています。

だからこそ、お客様にとって安価で、ご満足できるサービスをご提供することが出来ます

是非、一度イベント21愛知支店にご相談ください

ステージ以外にも、様々な物品を用意してお待ちしています

 

コメント