たまい四半世紀

たまい四半世紀

皆さん、こんにちは。愛知支店のたまいです。今回は僕の生まれてから今までの
人生を振り返っていきたいと思います。

誕生/1995

和歌山県の田舎の田舎に生まれる。誕生早々体重が2,980gだったことを
にーきゅっぱの安売りみたいだといじられる。ちなみに誕生日は父親と同じ。

幼少期/1998~2001

・ごく普通のアパートで不自由なく成長する。成長痛が来るほど身長が伸びるのが早かった。が、同時にかなり病弱で保育所はかなり休みことが多かった。

・今でも大好きな特撮が好きになったのも早く、ウルトラマンや仮面ライダー、スーパー戦隊のみならずロボコン、カブタック、ロボタック等もかなり興味深く見ていておもちゃも買ってもらっていた。

・その他アニメも子供らしく見ており、ハム太郎・ポケモン・デジモン・ゾイドなど幅広く楽しんでいた。

・が、お遊戯は嫌いだった。集団行動はこの時から苦手。

・近所の子供たちと遊ぶとき一人だけ怪我が多かったが、この時はまだ運動神経が悪いことには気づいていなかった。

・5歳にしてビーストウォーズ 超生命体トランスフォーマーにはまる

・いかやえのきなど絶妙に噛み切れない食べ物が苦手だった。

・初めて触ったゲーム機はメガドライブ。ゲームオープニングのデモシーンでキャラクターが勝手に動き出し、トイレにいた父に泣きながら助けを求める。

・レゴブロックで遊ぶのが好きだった。理由は無いものは創るの精神。力作を親に見せようと運搬中に落下させ、レゴブロック地雷を家の各地に設置する。

・6歳の時に弟が生まれる。がほぼ一人っ子として育ったので割とそのままだった。

小学生/2002~2007

・実家の近所の小学校に入学。入学式初日にクラスがガサガサして怒られる。

・空手を始める。後に12年間することになるのだが、始めた動機は不明。

・ベイブレードやビーダマンを楽しむ。小学2年生にしてベイブレードを魔改造する。

・初めて家庭用ゲーム機、ゲームキューブを買ってもらう。最初に買ったソフトは「どうぶつの森+」だったが、なぜかコントローラーが二個あった。友達にゲームキューブを見せるも、遊べず。

・自転車で溝に突っ込み、前歯の永久歯を折る。まだ、運動神経の悪さには気づいていない。

・初めて友達の転校を体験する。薄情だったので、仲良かったのに淡泊に終わる。

・小学4年生、GTOまたは金八先生のような担任に出会う。学級崩壊クラスが無事優等生クラスに生まれ変わるドラマみたいなことが起きる。以降4~6年生はその人が担任だった。ガキから子供に成長する。

・自分の部屋にラジオが置かれる。オールナイトニッポンが聞きたくて毎日夜更かしする。親に怒られるため携帯ラジオも購入するが、布団の中で聞きながら寝てしまいイヤホンが首に絡まり死にそうになる。

・目立ちたがりだったため、いろいろな実行委員や児童会に参加する。

・親になぜ?の質問が多かった。それくらい日常に疑問を持ちながら過ごしていた。

・小学館の図鑑を持ち歩く生活。ランドセルにつねにでかい図鑑が入っていた。ちなみに一番好きだった図鑑は、宇宙の図鑑。その次昆虫。

・テレビで百科事典を全部読む人みたいなのが出てきて、マネして家にあった百科事典を全部読む。が、特に頭はよくならず。

中学生/2008~2010

・田舎住みを後悔する。高低差の激しい通学路が嫌になる。ちなみに、校庭や通学路に日本猿が出るほどの田舎である。

・制服がすぐに小さくなり、親に文句を言われる。

・初めてのスポーツテスト。自分は運動神経が悪いと知る。

・ファーストフード店にDSを持ち込み、Wi-Fiのために入り浸る休日。

・授業は真面目に受けていたが英語が壊滅的にできない。Be動詞を理解するのに3年かかった。

・初めて一人映画に行く。表題は仮面ライダー。帰りに我慢できず生まれて初めて変身ベルトを購入する。高揚感と親に内緒にしたい気持ちでテンションが上がり、即日親にバレる。

・友達内で空前の仮面ライダーブームが起きる。制服の胸ポケにそっと変身道具を忍ばせる生活。

モンスターハンター2ndGが発売されてしまう。僕の中学3年間から3500時間が奪われてしまう。勉強をしろ。

・ロックという音楽ジャンルに出会う。DragonAshが好きになる。

・秘密基地を作成する。中学生なりに落ちているありとあらゆるものを集め、基地として整えていく。が、大型台風により壊滅。中学校から見える池に大量のコレクションが浮かんでいるのが見え、秘密基地遊びは終了。受験勉強に集中する。

・志望校選択。資格をたくさん持っておけば困らないだろうという安易な気持ちで商業高校を選択。結果的にこの選択が人生を大きく変える。

・立派なラジオっこが誕生する。

・受験前日の卒業式、むかついて第二ボタンを池に投げ捨てる。翌日、ボタンが無くて困る。が、受験には合格する。

高校時代/2011~2013

・初めての携帯電話を手に入れる。 生意気に当時出始めのスマートフォン。

・空手部に入部。一日5食になる。後にキャプテンになるもこれといった成果はなし。

・クラスの女の子に教員室まで連行され、成り行きで生徒会になる。

・簿記・情報処理・ビジネス文書等で資格を取得。エクセルがおもちゃになる。

・友達4人と夜ゲームするのが日課になる。今年で7年目の古いゲーム友達に。

・生徒会副会長に就任。全校集会の講習でDVする彼氏役の演劇をすることに。遠慮して優しくバケツを蹴り、DVとはかけ離れた演技に失笑を買う。自分は演技は向いていないと知り、俳優の道を閉ざされる。

・初めての夏フェス参加。楽しすぎて中毒になる。以降ライブキッズ化する。

・最後の文化祭、司会という大役を任される。2日間という日程をこなし、最後の締めで本気で泣きそうになり、いい感じに終るために友達が静止してくれたので無事に終了。この文化祭にきていた音響業者さんが気になり、いろいろ調べて専門学校を見つけイベント業界を目指す。→イベント21入社への一歩

専門学校時代/2014~2016

・何も考えずに梅田の専門学校へ。毎日家から駅まで15分、電車の乗車時間1時間半、駅から学校まで15分の通学路を通うことになる。

・梅田に圧倒される田舎者。毎日寄り道して帰る。一番入り浸っていたのはポケモンセンター。

・授業は基本的にまじめに受ける。7人しかいなかったので、音響の理解が一番できていたという理由で中心になることが多かった。

・1年の夏の合宿、初めて女装をする。

・バイトで有名音楽イベントへ。好きなアーティストと一緒に仕事ができ、夢が叶ったので音楽業界にはいくことはやめ、イベントの設営会社に興味をもつ。

・2年に進級。通常10名程度で行う学園祭の準備を3人で行う。

・5月、イベント21の会社説明会へ。自己紹介であえてトリを任されたので、いろいろ悩んだ結果、自分はMであることを暴露し、社長だけが爆笑する。ちなみにこの後、その後上司になる人に翌年のチームに誘われ、入社を決意。後々、会社説明会なのに入社前提でチームに誘われていることへの違和感に気づく。

・無事内定をもらう。二次面接の社長の話があまりにも短すぎたために、よくしゃべる社長が話さないという理由だけで落ちたと思い込んでいた。

・学園祭では500キャパに450人を収容する集客をする。当時出演してもらったアーティストは今ではメジャーデビューしたり、横アリを満員にしたりしている。

・頭を使うことが多かったため、スイーツ部(男子3名)が結成される。

・ライブに行き過ぎて常に金欠になる事態が発生する。ライブの予定いれる→バイトに入れないためお金がない→の負のスパイラルが出来る。

・卒業制作、ふざけたくなり「こたつ」を題材にイベントを作る。ライブ中にステージ上にこたつが共存する不思議なイベントが出来上がる。

入社

・初めての一人暮らし。なぜか2LDKに住む。初日の晩御飯にハンバーグを作る。

・人と接する仕事が初めてのためたくさんの人に教えていただき今年で5年目になりました。自分の得意なこと苦手なこと、役割を活かせる多様性あふれる会社です。僕はこれからも自身の夢である地域貢献に力をいれられるように成長していきます。